メインメニュー

女の本能を引き出す媚薬、ラブタイムメイカー(Love Time Maker)

ある日、会社の給湯室からこんな会話が聞こえてきた。また女子がサボって世間話しとるわい・・・なんて思ったら、会話のテーマは俺だった。

「何かさー、総務の◯◯(←オレの名前)。目つきキモくない?契約社員なのに結構年いってるし」

「あー、わかる。普段はマジメっぽいんだけどねー。飲み会とか女子社員がいる席だと、めっちゃギラギラしてるっていうか・・・」

「超モテなそうw彼女とか絶対いないよね、アレ」

・・・っていうか聞こえてるよ!女子トークするならもっと小声でやれよ。このヤ◯マンOL!クソがっ・・・!!クソ女どもが・・・!

この体験談で使用した媚薬

ラブタイムメイカー(Love Time Maker)

ラブタイムメイカーはたった某SNSで拡散され初回モニター販売分がわずか30分で完売。一滴で女性が狂ったように淫乱化し男性を求めてくる媚薬。独自成分フェロモニアエキスが子孫繁栄本能が強制的に引き出す。

この体験談は7分で読めます。

もう分かっただろう、俺は非モテ系会社員。ヒマさえあれば男の話をくっちゃべってる女子社員どもに、虫以下の扱いを受けているような男だ。

いつかこのバカ女どもを、俺にひざまづかせてやる・・・。いや、それだけじゃ俺の怒りはおさまらない。俺のチンポなしには生きていけないメス女に仕立て上げて、プライドを粉々に砕いてやる・・・

妄想じゃなく、本気でやった。というか俺はそれを成し遂げたんだよ。

「頭大丈夫?」とか言わないで欲しい。マジでやったよ俺は。

バカなくせしてビジュアルだけはやたらとソソる女子社員どもに、俺の子種を注いでやったわけだ。ある「禁断のアイテム」を使ってな。

何を使ったかって?

それは・・・媚薬「ラブタイムメーカー」女子がガンギマリになる強制発情グッズだ。効き目、マジで半端ねえ。

ラブタイムメーカーは女の本能を引き出す媚薬

ラブタイムメーカーの一体何がそんなにヤバいのか?俺的にまとめると、こんな感じだ。

  1. とにかく飲ませりゃどんな女でもセックス漬けにできる。
  2. 女の感度を高めるだけじゃなく惚れ薬的な効果もあり。
  3. 子孫繁栄本能にダイレクトに効く。女が中出しを求めてくる
  4. 効果バツグンなのに安い。ネットで簡単に買える。

こんなにメリットありまくり。

さてコイツをどんな風に使うかっていうと、小瓶に入ったラブタイムメーカーを1滴、女に飲ますだけ。

飲ませる方法なんて何でもいいんだよ。セックスのために手段を選ぶ男は負け犬。良心なんていらないよね、ぶっちゃけ。

このラブタイムメーカーで、俺のことをキモイだのなんだの言った女を全員ハメ倒した挙げ句、LINE1本でいつでもウチにやってくる無料デリバリー嬢に仕込んでやった。

へー、羨ましいなんて他人事みたいに言っちゃいけない。俺みたいなどんくさい男だってヤれたんだから、ラブタイムメーカーさえ使えば誰だってできるよ。

ラグタイムメーカーを買って、女に飲ませて、ハメ倒すだけ、以上。簡単すぎる・・・。でもそれで得られる興奮は、普通のセックスじゃ絶対味わえない。

効きすぎて怖いくらいだが、合法アイテムだから変に心配する必要も全くない。ヤリたい女がいるなら、即使えばいいんだって。

と、ここまで説明したが俺の正直な体験を話すから、試してみるかどうかはアンタが決めてくれ。

企画営業部・21歳直属の部下なのに俺をナメまくってる新人女を調教

ひとり目のは、入社してまだ1年っていう同じ部署の女。

俺、一応先輩っつーか上司だから、ある日仕事を山ほど押し付けた上で「俺も一緒に手伝うよ」とか言いつつオフィスでふたりきりっつーシチュエーションに持ち込んだのね。

この子、仕事全くやる気なくて、よく社会人やってられるなと思わざるを得ないんだが、ビジュアルだけはメチャよくて胸もデカく、彼氏もいるらしい。

さて、どう飲ますか。

ラブタイムメーカーは1滴だけでも効く、と公式サイトにあったので、彼女の専用マグカップに垂らしておいてお茶でも飲むのを待つか。

それともスタバでコーヒーでも買ってきて、こっそりラブタイムメーカーを入れたろか・・・なんて思いつつパッと彼女の方を見たら、居眠りしてやがんの。

オフィスチェアにもたれかかって、口半開き。前日飲み会だったとか言ってたから、今頃疲れが出たのかな・・・なんて心配、するわけねえw

もう「お口に垂らしてください」ってお願いしてるようなもんだ、この女。

バレないように、そっと1滴・・・と思ったらうっかり3滴垂れてしまった。ヤベッ・・・と一瞬焦ったが反応なし。ガード甘すぎるだろ・・・。

でね、どうなるか観察してたのよ。

10分経過・・・20分経過・・・そろそろじゃね?なんてちょうど思っていたころ、女の顔が何かポワっと紅くなってきて、たまに身体がピクピクしだした。

それでもまだ起きないんだけど、様子が変なんだ。

深い吐息を漏らしたり、身体をモジモジさせながら「・・・なんで・・・そこ・・・」「あっ・・・うん」なんて寝言言ってるのね。

うむ、エロい夢見てる。起こそうかな、どうしようかな~なんて悩みつつ、耳元でささやいてみた。

超小声で「おはよーございます」。

聞こえているんだかどうだか分からない。でもなんか眉間にシワまで寄せてきて、すっごい気持ちよさそうな表情。一体どういう夢見てるんだよ・・・。さらに耳元でつぶやいた。

「セックス好き?」

「・・・好き・・・・・・するの・・・好き・・・」

さすがに職場で同僚に手を出すとなると、覚悟は決めていたとはいえ少しはためらいもあった。でもあまりにこの子の表情がエロすぎて、俺の理性がぶっとんだ。

「好き?ねえチンポ好き?やっていい?いいって言って?言わないとシないよ?」

隠語連発しつつ後ろからがっつりパイ揉み。ハイ、抵抗全くないし。

でも何故か起きない、というか絶対これ寝てるフリと判断いた俺は、彼女を抱きかかえてソファーに寝転し、そのまま荒々しくスーツを脱がせてやった。

「・・・先輩、シちゃうんでしょ?欲しいの、ねえすごく欲しくなっちゃってるの・・・私でいい?私でもいいの?」

寝ぼけてるわけでもなんでもなく、彼女は相手が俺だと知った上で、求めてきたわけだ。

ソファーSEX、初めてだったけど、座り騎乗位で彼女を上にして、バッコバコのズコズコに突き上げてやった。

彼女の中、すっげー生温かい。いつの間にか肉欲スイッチ、完全ONになっていたようだ。

やっべー生だよなコレって一瞬思ったけどね、「中・・・欲しい」とか言ってくるのよこの女。

まあガッツリ膣肉の感触を味わって、1滴残らず中に出した。俺にとっては復讐だからなこのセックスは・・・。

さてさて、その21歳の部下なんだが、後から聞いたら予想通り寝たフリをしていたらしい。

「身体の奥の方が何かジンジンするって思って、薄目をあけたら先輩が見えて。あ、そうだ残業で先輩とふたりきりなんだ・・・って気づいたとたん、頭の中がグルンっていきなりエロモードに変わっちゃった感じ。生理前とかでシたくなる時の10倍以上、抑えられない気持ちっていうか・・・先輩いつ気づくかな、先輩の方から来てくれるかな・・・ってドキドキしながら待ってたんです」

結局、この子とはそれから週1ペースで10回くらいシたかな。もちろんラブタイムメーカーを使ってね。

いまの彼女の状態は・・・まあ簡単に言うと「性獣」っつーか、とんでもないエロ女に調教済。で、この性獣を使って、他のふたりを落とすことにしたってわけよ。

ラブタイムメーカーで他の女も落とす!セッティングをしたのは俺のメス奴隷

21歳の子は完全に俺の言いなりだから、ラブタイムメーカーのことは言わないけど「飲み会セッティングして」って言ったら、さすがに俺のメス奴隷だけあって速攻段取り組みやがった。しかもラブホ街から超近い。

こっちにスパイがいると、何も知らない女同僚ふたりにラブタイムメーカーを飲ますのもめっちゃ楽。ただ俺のメス奴隷、ちょっと抜けてるから飲み物に入れろって言ったのにお通しにたらしやがって

食い物に混ぜるのでも効くのか心配だったんだが、これまた30分もしないうちにモロ効果アリ。っていうか3人ともメスの顔になってる。

どうやら21歳の俺専用メス奴隷もラブタイムメーカー、自分でいったらしいwしかもお通しに1滴垂らすんじゃなく、直飲み・・・。もう中毒だろお前。コイツにラブタイムメーカーの瓶を渡したことをちょっと後悔した。

・・・なんて思っているところで、俺のメス奴隷が話をぐいぐいシモに寄せてきた。というか直球の話題、ぶん投げてきやがった

「私ねー、◯◯さん(←俺の本名)とシちゃったんだよねー!」

普通ならもうこの時点でネタバレっつーか計画は破綻しそうなもの。ところがのこりのふたりもガン効きだから、そこに食いついてくるわけだ。

「シたってどういうこと?付き合ってるの!?」

「どこまで?ねえどこまでシちゃったの?最後まででしょ、キャー図星!」

「じゃあさ、私とこの子(21歳メス奴隷)だったらどっちの方がいい?選んで、ねえ!」

・・・収集がつかない。

というかさすがの俺でも場末飲み屋でこのシチュエーションは恥ずかしい。この時ばかりはラブタイムメーカーのあまりの効果に戦慄を覚えたぐらいだ。

結論から言うと、店から遠回しに「他のお客様もいますので・・・」と出禁をくらって、そのまま4人で向かった先はラブホ街。

女ども、思考能力は全くゼロで、あれだけクソミソ行っていた俺にハメられるために、ハイテンションなまま「ホテル、あっちでーす!あ、違うこっちー」なんて言いながらズンズンとネオンきらめく妖しい路地に入っていく。

で、ラブホについて驚愕。

「4名様はお断りさせていただいております」

まあそうだよなー、でもこっからひとり選んでふたり落とすの、無理だよな・・・なんて思ってたら、女子グループが2部屋借りて4人で入るなんていう荒業を繰り出した。

いや、どんだけセックスしたいんだよアンタら・・・。

ホテルに入ったとたん、その1本のチンポを3人の女たちがまた総掛かりでねぶってくる。女は魔物っていうけどあれマジだね、いったんネジが外れると男なんかよりよっぽど貪欲。

それ以前に、ウチら一応同じ職場で働いてるんだぞ。お前ら全員素っ裸でキャーキャー言ってるけど、明日オフィスで普通にお互い顔を見れるのか?

まあそんなマトモな考えっつーか理性をふっとばしちまうんだろう、ラブタイムメーカーは。女は全員媚薬漬け、俺だけが一応シラフwだから俺ばっかり余計なことを考えてしまうのかもしれない。

21歳の子は相変わらず直球で欲情むき出し。

まあコイツはふだんヤりまくってるから適当にあしらって、1発目は24歳黒髪長身の同僚にどくどくっと生でぶちまけた。

なんつーか女の生殖本能にダイレクトに効く感じがするね、ラブタイムメーカーは。こっちが止めない限り絶対女の方からナマを求めてくるから。

ちなみにその24歳、ラブタイムメーカーが効きやすい体質なのか、全身クリトリスと言ってもいいくらいどこ触っても敏感で、なんかチンポ入れる前からイッちゃってんの。

最後のひとりは23歳で、ちょっと垢抜けない感じなんだけど顔は整っていて、男子社員の前ではおとなしいタイプ。でもウラでは何かやってそう・・・的なちょっと謎な子だったんだが、この女がハメてみたらヤバかった・・・。

「好き!大好き・・・!先輩好きなの・・・!!」なんていいながら瞳に涙を浮かべちゃってる始末。ど直球でベタ惚れ系か。これはクズ男にひっかかるタイプとみた。

それラブタイムメーカーのせいだろ、なんて冷静に分析してしまう俺がいたのだが、たとえ媚薬の効き目だとしても、なんつーかセックスに愛情を感じた。全部、捧げます・・・みたいな。

他のふたりは飽きたら速攻捨てるつもりだが、なんかこの23歳にはうっかりすると情が移ってしまいそう。

その日、結局何発やったのかな・・・。

最後の方は精子が枯れ果てて、チンポも全然硬くなんないのに女の方がアソコの中ににゅるって挿れてきて、「まだできる?」なんておねだりされたっけ。

ラブタイムメーカーが完全に抜けきったのは何時間くらい経った時なのか、もう全然わかんねー。ずっと性欲暴走しまくってたからね、アイツら。効き目なんて結構すぐ抜けるだろ、なんて思ってた俺が甘かった。

まーあれだね、ラブタイムメーカーさえあればセックスの相手に困ることは、絶対ない。断言できるよ。全然モテなかった俺ですらセフレができたんだから。

心配ごとがあるとしたら、女が本能むき出しになってナマで求めてくることかな・・・。孕ましたらやばいよなーなんて思いながらも、絶対誘惑には勝てない。

あとはラブタイムメーカーを女に使うなら、あらかじめチンポをちゃんと鍛えておくべきだと思う。女にガンガン求められるから。

ただ、俺もほぼ毎週のようにセックスするようになって気づいたんだけど、しょっちゅう出してるとチンポがたくましくなる。まあスポーツみたいなもんだからね、セックスだって。

繰り返し言うが、こんなにヤバくて面白いものがあるのに、使わないなんてあまりにももったいない。

投稿者:正恭さん|茨城県在住 30歳

この体験談で使用していた媚薬

ラブタイムメイカー(Love Time Maker)

ラブタイムメイカーはたった某SNSで拡散され初回モニター販売分がわずか30分で完売。一滴で女性が狂ったように淫乱化し男性を求めてくる媚薬。独自成分フェロモニアエキスが子孫繁栄本能が強制的に引き出す。

あとがき ~媚薬賢者タイム~

管理人

舐める媚薬ニューヨークキャンディー(NYC)を使用して普段は手の届かないような綺麗な女性とセックスしちゃった亮太さんですが、この体験談を読んでいると女性も実は男性以上にエロい事を考えているんだなとあらためて思いました。女性の欲望を解放させてあげるアイテムとして媚薬は効果絶大ですね。

体験談募集のお知らせ

管理人

当サイト、媚薬バイブルでは貴方の媚薬体験談を募集しております。新商品やおすすめの媚薬を使った媚薬体験を男性、女性問わず投稿をお待ちしております。投稿はこちらから