メインメニュー

嗅ぐ媚薬(フェロモン香水)

嗅ぐ媚薬(フェロモン香水)

媚薬をお酒に入れたり、塗ったりすることに抵抗がある、ちょっと怖いという方には嗅ぐ媚薬(フェロモン香水)がおすすめです。

嗅ぐ媚薬についてまだ詳しくない方、
フェロモン香水って媚薬なの?
フェロモンってなに?

という方に嗅ぐ媚薬(フェロモン香水)について使用する際のメリット、デメリットなども含めて詳しくご紹介していきます。

時間がない、読むのが面倒という方へ

忙しくて時間がない方や記事を読むのが面倒な方は嗅ぐ媚薬(フェロモン香水)についてのまとめだけでも見て頂けたら大事なことが伝わります。

このページで得られる情報

  • どんな方が嗅ぐ媚薬を使えばいいかがわかる
  • 嗅ぐ媚薬の特性やメリット・デメリットなどがわかる
  • 嗅ぐ媚薬で代表的な商品を知ることができる
  • 嗅ぐ媚薬で代表的な成分を知ることができる

嗅ぐ媚薬(フェロモン香水)とは?

嗅ぐ媚薬(フェロモン香水)とは?

このページを読まれている方の中には「フェロモン香水は媚薬ではないのでは?」という意見もあるかもしれません。
しかし、異性を惚れさせ性的欲求を引き出すという特徴は媚薬と変わらない効果がありますので、嗅ぐ媚薬=フェロモン香水と認識してください。

少し分かりやすいように嗅ぐ媚薬のことを、フェロモン香水とだけ称して説明する場合もありますが、嗅ぐ媚薬=フェロモン香水ということで読んでいただければと思います。

フェロモン香水は身体へ香水と同じように振りかけて使用することを前提としています。普通の香水と違うのはフェロモン香水の中に含まれた成分が嗅覚や脳内器官へ働き掛けることにより、無意識的に疑似恋愛のような感情と性的欲求を引き出させることを目的としています。ですので、単なる香水ではなく異性を惚れさせるという役割を持ったものがフェロモン香水です。

嗅ぐ媚薬(フェロモン香水)はこんな方にオススメ

媚薬を使うことに不安がある方に最適

媚薬を使うにあたっては色々と不安があり、一歩が踏み出せない方が多いと思います。
以下、私の経験です。

管理人

例えば管理人の私もそうでしたが、会社で気になる女性に飲む媚薬など試そうと思っても、食事に誘ったりきっかけを作るにも勇気がいるものでした。
ですから、初めは舐める媚薬や嗅ぐ媚薬を使って自分自身にも精神的に負担がない媚薬を選んで媚薬使用に慣れていった経緯があります。

一応、管理人の私の経験ということになりますが、同じような気持ちの方は参考になると思います。

女性を落とす準備段階として使用するのも最適

フェロモン香水を使うことで自然と女性が寄ってくる環境になり、女性を落とす準備にも使えます。理由は以下です。

フェロモン香水は身体へ振りかけるだけとうい簡単な動作で性的欲求を掻き立てる成分や恋愛感情を引き出させる成分を女性に与えることができます。また、香水という特性から不特定多数に媚薬効果を与えることで落とせる可能性がある女性の絶対数も増える傾向があります。

このように、相手に何か行動を起こすこともく女性の性的欲求や恋愛感情に働きかけることができるので、飲む媚薬や舐める媚薬などを使用して直接セックスへ繋ける準備段階としても大きな効果があります。

管理人

※とても重要なことを言います。
フェロモン香水の最大の特徴は不特定多数の女性を惹きつけることができ、落とせる女性の絶対数を上げることができます。女性の警戒心などを取り除きセックスへ繋げる準備段階を作れる媚薬として覚えておきましょう。

嗅ぐ媚薬(フェロモン香水)の代表的な商品

嗅ぐ媚薬で代表的な商品を紹介いたします。嗅ぐ媚薬は香水タイプで不特定多数に媚薬効果を与えることもできることから、職場などで女性からモテたい方にオススメの商品です。

F for MEN(エフフォーメン)

F for MEN(エフフォーメン)

無香タイプのフェロモン香水が多い中、エフフォーメンはほのかに香る甘い香が女性に大人気。エフフォーメンを2、3プッシュ自らの身体に振りかければ、フェロモンフレグランスが発生し女性は男性に男らしさを感じたり、好意を抱きやすくなって生殖本能が溢れかえります。

F for MEN(エフフォーメン)は過去に試して一番女性受け良く、フェロモン香水で有名なフェロチカフォークも試してみましたが、特に大きな変化はありませんでした。F for MEN(エフフォーメン)は無香ではなくほのかに甘い香りがして女性からも高評価でした。

匂いが気になる方にはおすすめできませんが、普段から香水をつけてお洒落に気を使ってる方に向いてるかもしれないですね。

嗅ぐ媚薬(フェロモン香水)のメリット・デメリット

メリット

フェロモン香水の特徴を前述でご説明しましたが、あらためてそのメリットは次のとおりとなっています。

  • 香水タイプなので異性に何か特別な動作を仕掛ける必要がない
  • 香水という特性から不特定多数の異性に媚薬効果を与えることができる
  • 無香タイプは通常の香水と混ぜて使うこともできる

フェロモン香水にはこのようなメリットがあります。

異性に対して何か動作を起こすことに不安があり媚薬使用には抵抗がある、でもモテたいという方にピッタリの媚薬です。

それから無香タイプが支流ですが、女性に好まれる甘い匂いがする商品も販売されていますので、お洒落に気を使ってる方にもおすすめです。

デメリット

フェロモン香水はシンプルな使用方法でとても使いやすいです。
しかし用するうえでのデメリットもありますので、あわせてご紹介したいと思います。
次のとおりです。

  • 容量の割には比較的値段が高い
  • 香水(気体)という特性から他媚薬よりも効果は劣る
  • 商品数は多いが、まがい物や偽物も多く存在している

フェロモン香水にはこのようなデメリットがあります。

嗅ぐ媚薬はフェロモン香水として古くから販売され、扱いやすさなどからも数多くの種類があり、特に海外製の怪しい商品も多く見受けられます。

実は管理人も若い頃に海外製を購入した結果、全く効果がなく後で偽物だということがありました。ですから購入する場合は日本の販売業者からの商品をおすすめします。

フェロモン香水を使用するときの注意点

管理人の私が過去の経験から感じたフェロモン香水を使用する際の注意点は以下です。

  • フェロモン香水をつけてるからといって行動が大胆になり過ぎないように
  • 容量の割には高い、効果を高めようと必要以上に使うとお財布に厳しいです
  • 有名なフェロモン香水は容器でバレてしまうので、別の容器に移した方がいいです

上記が私が感じた注意点ですが、特に1番目の行動が大胆になり過ぎないように、というのは、フェロモン香水をつけることによって自分が必要以上にモテてると勘違いしてしまい、女性との距離が近くなりすぎてしまうところです。普段とらない行動を取ると逆に不審がられるので皆さんもこの点は参考にして欲しいです。

もっと刺激的な媚薬を使用したい方へ

ここまで読んでいただいた方で、もっと刺激的な媚薬を使いたいという方には下記ページを参考に用途に適した媚薬を選んでみてください。

※媚薬使用は個人間でトラブルを抱えるケースもあります。使用はあくまでも自己責任でお願いいします。

嗅ぐ媚薬(フェロモン香水)についてのまとめ

嗅ぐ媚薬(フェロモン香水)についてのまとめ

嗅ぐ媚薬(フェロモン香水)についてメリット、デメリットを含め紹介してきましたが、重要な事をまとめてみました。参考にしていただければと思います。

嗅ぐ媚薬(フェロモン香水)の知識に関して重要なこと

絶対に意識して欲しい重要な事をまとめておきます。以下を参考にしてください。

  • 媚薬使用に抵抗のある初心者へ最適
  • 女性を落とす準備段階としての使用が最適
  • 香水という特性から不特定多数の異性に効果がある
  • 海外輸入品は偽物が多いので購入しないほうが無難

上記が管理人の私が一番伝えたいことです。

何度もお伝えしていますが飲む媚薬舐める媚薬を使ってセックスへ繋げるためには、それなりの行動や事前準備が必要です。楽でスマートに女性の警戒心やガードを下げるためには嗅ぐ媚薬(フェロモン香水)が一番おすすめですね。

他にもこんな媚薬の種類があります

管理人のオススメ媚薬

こちらで紹介しているのは管理人が実際に使用したり、ネット上の口コミ評価やコストパフォーマンなどを元に選んだ商品です。媚薬を購入したいがどの媚薬を購入したらいいか迷っている方は参考にしてみてください。

エフフォーメン(F for MEN)

エフフォーメン(F for MEN)

無香タイプのフェロモン香水が多い中、エフフォーメンはほのかに香る甘い香が女性に大人気。エフフォーメンを2、3プッシュ自らの身体に振りかければ、フェロモンフレグランスが発生し女性は男性に男らしさを感じたり、好意を抱きやすくなって生殖本能が溢れかえります。不特定多数の女性からモテたい方にオススメの商品です。

商品名 エフフォーメン(F for MEN)
商品カテゴリー 嗅ぐ媚薬(フェロモン香水)
単品価格 5,980円
管理人評価
★★★★★
★★★★★
その他の情報 通常9,800円が5,980円