メインメニュー

塗る媚薬(クリームタイプ・ラブローション)

塗る媚薬(クリームタイプ・ラブローション)

塗る媚薬は女性の陰部へ直接媚薬を塗ることにより媚薬効果がダイレクト伝わり、パートナーとのセックスでより快楽を求めたい方やセフレを増やしたい方におすすめの媚薬です。

塗る媚薬はどれぐらい効果があるの?
塗る媚薬を使う最適な場面は?

など、塗る媚薬についてまだ詳しくご存じない方へ使用する際のメリット、デメリットなども含め詳しくご紹介していきます。

時間がない、読むのが面倒という方へ

忙しくて時間がない方や記事を読むのが面倒な方は塗る媚薬(クリームタイプ・ラブローション)のまとめだけでも見て頂けたら大事なことが伝わります。

このページで得られる情報

  • どんな方が塗る媚薬を使えばいいかがわかる
  • 塗る媚薬の特性や特性やメリット・デメリットなどがわかる
  • 塗る媚薬で代表的な商品を知ることができる
  • 塗る媚薬で代表的な成分を知ることができる

塗る媚薬(クリームタイプ・ラブローション)とは?

塗る媚薬(クリームタイプ・ラブローション)とは?

媚薬は飲むタイプが支流でしたが、近年、塗る媚薬も人気が高まっています。塗る媚薬は飲む媚薬とは異なり、異性(基本的には女性)の陰部へ直接塗り性的欲求を高めるという種類の媚薬です。その結果、媚薬成分が粘膜を通してダイレクトに行きわたり、飲む媚薬よりも即効性があるといわれています。

管理人の私の経験からすると、塗る媚薬を塗られた女性の淫乱ぶりは想像を超えるものがあり、用法容量を守らないと毎晩のように何度もセックスを求めてきます。女性を淫乱化させる効果としては最強の媚薬だと断言したいです。

塗る媚薬はこんな方におすすめ

1.パートナーとのマンネリセックスを解消したい方に最適

少し管理人の私の経験から語らせてください。

管理人

彼女やセフレがいる時期はセックスがマンネリ化してしまうことがあり、場所を変えたり大人のおもちゃを使っても限界がありました。
しかし、塗る媚薬を使用すると女性は強制的に淫乱になってエロい行為を求めてくるようになり、潮吹きも大量で凄かったです。
あたかも自分がAV男優になったかのような優越感がありましたね。

このように女性に淫乱になってもらってセックスのマンネリ化を解消することができるので塗る媚薬はオススメです。

2.不感症、性交痛、濡れにくい体質で悩んでいる女性にも最適

女性の中には不感症、性交痛、濡れにくい体質でパートナーとのセックスが上手くいかず悩んでいる方も多いようです。そのような方には塗る媚薬で感度が増し体質改善に繋がります。パートナーが悩んでいたら男性から塗る媚薬を買ってあげるのもいいかもしれないですね。

3.女性の方へオナニー用としても最適

性欲が強くオナニーは毎日したいという女性は意外と多いもので、指や大人のおもちゃだけでは飽きてしまうものです。そんな方に塗る媚薬はオナニー用としておすすめで、購入者の中には女性も多いようです。

管理人

※とても重要なことを言います。
塗る媚薬の最大の特徴は成分が粘膜を通してダイレクトに伝わり、即効性と媚薬効果を最大限に発揮できます。
ですが、塗るという行為は女性の同意を得なければならないことから、バレずに使用するということは難しいと思ってください。この点が他媚薬の種類とは大きく異なることをよく覚えておきましょう。

塗る媚薬の代表的な商品

塗る媚薬で代表的な商品をご紹介しています。塗る媚薬は男女間のセックスはもちろんですが、女性がオナニー用として購入することも多い媚薬です。

濡舞妓

濡舞妓

女性のアソコに塗ると感度が400%以上になるという媚薬が登場。カップルでのセックスの時でももちろん威力を発揮しますが、女性の性交痛や不感症などでお悩みの方にも使っていただける媚薬です。

塗る媚薬のメリット・デメリット

前述の塗る媚薬はこんな方におすすめで色々とオススメポイントをお伝えしましたが、メリット、デメリットを再度まとめてみました。

メリット

塗る媚薬は女性からも人気の媚薬です。そのメリットは次のとおりです。

  • 陰部へ直接塗ることで成分がダイレクトに伝わり即効性がある
  • 性交痛や濡れにくい女性の体質改善にも役立つ
  • パートナーとのセックスでマンネリ感を解消できる

塗る媚薬にはこのようなメリットがあります。

ネット上の口コミや管理人の私の経験からすると、塗るという行為が相手の同意を得ていることを前提としているので、夫婦間やカップル向けの媚薬といえるでしょう。

デメリット

塗る媚薬は即効性があり媚薬効果も高いのが特徴ですが、購入や使用するうえでのデメリットもご紹介いたします。次のとおりです。

  • 相手の同意を得たうえでなければ使用が難しい
  • 飲む媚薬と比べると商品の種類が少ない
  • 即効性と高い効果から乱用すると女性がセックス依存症になってしまう

塗る媚薬にはこのようなデメリットがあります。

やはり塗るという行為が相手の同意を得たうえになるので、気になる女性を落とす、好きにさせる、という惚れ薬的な使い方はできないと思います。
夫婦間やパートナー同士でのセックスで更なる快楽を求める方におすすめの媚薬ではないでしょうか。

管理人

※デメリットを解消する裏技があります。
塗る媚薬のデメリットとして相手に同意を得たうえでの使用が必要とお伝えしましたが、セックスをする前提として一つ裏技があります。それは、手マンやクンニをするときに塗るという裏技です。

これは管理人の私の経験ですが、塗る媚薬を使用したくても女性から拒否されたり変態扱いされる場合があります。
そんな時、私の裏技としては事前に耳の後ろに塗る媚薬を仕込んでおいて手マンやクンニの時にそっと塗るという方法です。これはかなりオススメの裏技で女性は淫乱になっていく自分に酔いしれて本当にエロいです。

まだ塗る媚薬を使う段階ではないと思った方へ

ここまで読んでいただいてまだ自分は塗る媚薬を使えるようなパートナーがいない、パートナーが欲しいという方は、下記のページを参考にして惚れ薬的な使い方ができる媚薬を使ったみてください。

こちらのページが惚れ薬的な使い方ができる媚薬となっています。

※媚薬使用は個人間でトラブルを抱えるケースもあります。使用はあくまでも自己責任でお願いいします。

塗る媚薬(クリームタイプ・ラブローション)のまとめ

塗る媚薬(クリームタイプ・ラブローション)のまとめ

塗る媚薬(クリームタイプ・ラブローション)についてメリット、デメリットを含め紹介してきましたが、重要な事をまとめてみました。参考にしていただければと思います。

  • 女性の陰部へ直接塗るので効果は媚薬の種類では最強
  • パートナーとのマンネリセックスを解消するのに最適
  • 女性の不感症、性交痛、濡れにくい体質改善に最適
  • 女性がオナニー用として購入するケースもある
  • 塗るという行為が相手へ同意を得る必要がある

上記が管理人の私が一番伝えたいことです。

やはり塗るという行為が相手へ同意を得なければいけないこともあり、その点がデメリットかもしれません。女性を落としたい、好きにさせたいという使い方ではなく、パートナーとのセックスをより楽しむための媚薬だと覚えておきましょう。

他にもこんな媚薬の種類があります

管理人のオススメ媚薬

こちらで紹介しているのは管理人が実際に使用したり、ネット上の口コミ評価やコストパフォーマンなどを元に選んだ商品です。媚薬を購入したいがどの媚薬を購入したらいいか迷っている方は参考にしてみてください。

アクメーション

アクメーション

アクメーションは女性の秘部に塗ると5分から30分以内に性的欲求が溢れ出て、今までにない快楽と絶頂感を味わうことができるようになる媚薬です。不感症や濡れにくい体質で悩んでいる女性自身が密かに購入しているというケースも多く、性交痛の女性には是非オススメしたい媚薬です。

商品名 アクメーション
商品カテゴリー 塗る媚薬
単品価格 2,980円
管理人評価
★★★★★
★★★★★
その他の情報 通常価格9,980円が7,000OFF